ホーム » 薄毛諦めの境地 » 薄毛が急激に進行|育毛対策も効かない時にやることとは

薄毛が急激に進行|育毛対策も効かない時にやることとは

AGA(男性型脱毛症)は、症状の進み具合がゆっくりだと
一般的に言われています。
急激に薄毛が進行していくと、本当に不安になります。


ただ、この場合には解釈の場合が多いようです。
ゆっくり進むと一般的に言われていますが
ゆっくりという曖昧な言葉が、与える錯覚とでも言いますか。


つまり、人によってゆっくりという概念が違うために
急激に進行すると思っている場合には、不安に駆られるわけです。


一部分だけ、ごっそりと抜ける場合には
円形脱毛症という場合もありますし
かゆみや頭皮湿疹などを併発している場合には
脂漏性皮膚炎からという場合もあります。


そうでなく、前頭部や頭頂部から薄毛が始まっている場合には
AGAを視野に入れて対策していくことをオススメします。


家族だけでなく、親戚を見渡してみて薄毛の人はいませんか?


AGAの場合の対策のポイントは2つです。
一つは、毛根部を元気にして発毛力を高めること
もう一つは、男性ホルモン対策


一般的に育毛剤は、発毛力を高めるため
食事や内服薬は、男性ホルモン対策
このような対策が多いです。


発毛力を高めるには
知覚神経を刺激することが良いと言われています。
知覚神経を刺激することで、毛根部が活発になり
その効果を狙った育毛剤を使っている医療現場では、結果が出ています。


内服薬は、一般的に皮膚科で処方されるプロペシアといった
フィナステリド含有のお薬です。


食事で、気をつける場合には
フィナステリドと同じような効果があると言われる亜鉛や大豆イソフラボン
これらを摂取することで、男性ホルモン対策ができます。


AGAの場合には、特にこのような多方面からの対策が良いです。
一つだけ対策しても、もう片方が対策されていなければ改善しない人も多数
いろいろな方向から、育毛に取り組んで改善しましょう。

Return to page top