ホーム » 薄毛諦めの境地 » プロペシアが途中で効かなくなる|もしかして耐性ってあるの?

プロペシアが途中で効かなくなる|もしかして耐性ってあるの?

薄毛の悩み、特にAGA(男性型脱毛症)に効果があると言われるプロペシア
これは、強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を少なくするお薬です。


このお薬によって、劇的に薄毛が改善した人も多いのですが
長く使っていると、再び薄毛が進行してくる場合があると報告があります。
プロペシアにも耐性というものがあるのかどうか?


ここが難しいところですが
現状は、はっきりとはわからないというところだと思います。


ただ、プロペシアというお薬は
男性ホルモンであるテストステロンと酵素である5α-リダクターゼの結合を阻害しすることで
DHTの発生を少なくするというお薬ですから
阻害が耐性によって、できなくなるという可能性は低いと考えます。


ですから、プロペシアが途中で効かなくなる
このような現症があるなら
それは、プロペシアの効果が低くなったと考えるよりも
男性ホルモンであるテストステロン or 酵素である5α-リダクターゼが
体内に増えていると考えたほうが筋が通ります。


簡単にいえば
今のプロペシアでは、症状に対して薬の効果が追い付いていない
このように考えられます。


ただ、そのまま放置しておくと
薄毛は、徐々に進行してしまうので
何か対策を打つ必要があります。


プロペシアと他の育毛剤を併用していますか?


育毛剤の多くは、毛根に栄養を届けて
発毛力を高めるという目的で使用されています。
最近になって、ある育毛専門の病院で使われている育毛剤が口コミで人気になっています。


今までは、血行促進ということでしたが
この育毛剤は、成分で知覚神経を刺激することで
発毛するというもの


血行促進だけでは、まだまだ不安という場合には
こういった育毛剤を使って対策するといいかもしれません。

Return to page top