ホーム » 薄毛諦めの境地 » 薄毛の悩みを諦める|育毛剤を使ってもハゲが拡大する理由

薄毛の悩みを諦める|育毛剤を使ってもハゲが拡大する理由

『薄毛の悩みを諦める』
こんな風に考えている人の多くは
色々な育毛対策を実践きた人ですよね。


それにもかかわらず、なかなか悩みの薄毛は改善方向に向かわず
でも、まだやれることはあるかもしれないと
あの手この手を尽くして実践しています。


副作用があるから控えたほうがいいと言われたりする
ミノキシジルやフィナステリドなども
使ったことがあるという人が多いのかもしれません。


ミノキシジルの役割は、はっきりと証明されていないようですが
血行促進により毛根部を活性化させて
発毛する力を上げることだと言われています。


一方フィナステリドは、脱毛の原因となる
男性ホルモン対策で強力な男性ホルモンが増えるのを防ぐ役割


AGAによく使われるお薬ですが
全く違った角度から薄毛の改善を助けます。


病院に行きたくないという人は
薬局などで手に入りやすいためミノキシジル系のリアップを使う人が多いようです。


ミノキシジル系で薄毛が改善しないのは
男性ホルモン対策が出来ていないことが原因ある場合が多く
フィナステリド系のお薬を使うと効果有りという場合があります。


プロペシアなどのフィナステリド系のお薬を使っても薄毛が改善しない場合には
ミノキシジル系のお薬や、血管促進系の育毛剤を使ってみてください。


どちらも使っているのに
なかなか改善しないという場合には
そもそも、期間が3ヶ月くらいであったりと
育毛期間が、そもそも短い場合が多いようです。


それでもダメな場合には
発毛力を上げるために、知覚神経を刺激することを意識してみてください。
知覚神経を刺激するには、カプサイシンなどがいいと言われますが
刺激が強く、頭皮に合わない人もいるので
ラズベリーケトンを使った育毛剤が良いかもしれません。


育毛の基本は
発毛力を上げること+男性ホルモン対策となります。
このことを忘れずに対策していくことで
薄毛諦めなくてもいい体質になる可能性がアップすると思います。

Return to page top