ホーム

頭皮が柔らかくならない|育毛剤を使って効果が無い方へ

頭皮が固いままだと、薄毛が進行しやすいと言われています。
実際に、薄毛が進行し始めると
柔らかかった頭皮が、固くなってくるのを実感します。


ただ、対策と言って頭皮マッサージをしたり
血行を良くするための工夫をするのですが
これが、なかなか柔らかくならないですよね。


頭皮が固いと表現されますが
結局のところ、頭皮がつっぱっている状態なので
固く感じるというところが本当のところです。


もちろん、そのせいで皮膚が引っ張られてテンションがかかり
毛細血管も収縮し、栄養が毛根に届けられない状態になり
薄毛が進行するという流れ


歳を重ねるごとに、気が付かないうちに
カラーリングやパーマなどなど
色々と、今まで頭皮のことを考えていなかったことに気が付きます。


さてどうすれば、頭皮が柔らかくなるかですが
対策として多くの人が実践している頭皮マッサージだけでは
回復は難しいです。


回復させられた人の多くは
一つだけでなく、複数の解決対策を行っています。
バランスの良い食事を心掛けていたり
もちろん、頭皮マッサージ
頭皮に優しいシャンプーや知覚神経を刺激する育毛剤などなど


頭皮が硬くなる → 薄毛進行


この流れは、一つのことが原因ではありません。
年齢を重ねたために男性ホルモンの影響
コラーゲンの減少
日頃のストレスからの交感神経の緊張
食生活や毎日のシャンプー


色々なことが重なって頭皮が硬くなっているので
それぞれの項目で、対処しなければ
頭皮が柔らかくならないということに、なってしまいます。

薄毛が急激に進行|育毛対策も効かない時にやることとは

AGA(男性型脱毛症)は、症状の進み具合がゆっくりだと
一般的に言われています。
急激に薄毛が進行していくと、本当に不安になります。


ただ、この場合には解釈の場合が多いようです。
ゆっくり進むと一般的に言われていますが
ゆっくりという曖昧な言葉が、与える錯覚とでも言いますか。


つまり、人によってゆっくりという概念が違うために
急激に進行すると思っている場合には、不安に駆られるわけです。


一部分だけ、ごっそりと抜ける場合には
円形脱毛症という場合もありますし
かゆみや頭皮湿疹などを併発している場合には
脂漏性皮膚炎からという場合もあります。


そうでなく、前頭部や頭頂部から薄毛が始まっている場合には
AGAを視野に入れて対策していくことをオススメします。


家族だけでなく、親戚を見渡してみて薄毛の人はいませんか?


AGAの場合の対策のポイントは2つです。
一つは、毛根部を元気にして発毛力を高めること
もう一つは、男性ホルモン対策


一般的に育毛剤は、発毛力を高めるため
食事や内服薬は、男性ホルモン対策
このような対策が多いです。


発毛力を高めるには
知覚神経を刺激することが良いと言われています。
知覚神経を刺激することで、毛根部が活発になり
その効果を狙った育毛剤を使っている医療現場では、結果が出ています。


内服薬は、一般的に皮膚科で処方されるプロペシアといった
フィナステリド含有のお薬です。


食事で、気をつける場合には
フィナステリドと同じような効果があると言われる亜鉛や大豆イソフラボン
これらを摂取することで、男性ホルモン対策ができます。


AGAの場合には、特にこのような多方面からの対策が良いです。
一つだけ対策しても、もう片方が対策されていなければ改善しない人も多数
いろいろな方向から、育毛に取り組んで改善しましょう。

Return to page top