ホーム

育毛剤を使って半年|効果が無い理由とは?

育毛剤を半年使っているのに
思っていたほどの効果がない場合があります。


値段が高い育毛剤ですが、ほとんどの育毛剤で
『半年は様子を見て下さい』
このように言われています。


なかなか、半年頑張って使い続けられない人もいる中で
頑張って使っていたのに
効果があっても産毛程度しか生えない場合が多いようです。


育毛剤の多くは、血行促進をして
血液を介して栄養を毛根部に運び
髪の毛の生成する力を上げようというものです。


育毛剤が効果がなかったという場合には
あなたの薄毛を回復させるためには
血行促進という作用が効果がなかったという場合が多いです。


ですから、解決策としては
ある育毛に関わる病院で結果を出している育毛剤を使ってみたりと
『血行促進』とは、違う角度から育毛に取り組む方法があります。


もちろん、血行促進が悪いと言っているわけではありませんが
今まで育毛剤を半年使ってみて、効果が無いという場合に限ります。


薄毛になっていくスピードは、ゆっくりと進むと言われていますが
同じ育毛剤を使っていても同じような結果になりかねないですよね。
違った角度から、育毛を考えて見る必要があると思います。


それから、どれを使うのか考えて見れば良いと思います。


薄毛を回復させるには
第一に、あなたの体に合った育毛対策をすることが第一です。

ストレスが原因の薄毛は治る?人から指摘されない頭髪の作り方

現代の日本では、ストレスと切っても切れない状況という人が多くいます。
その御蔭で薄毛が進行したという人もたくさん


本当にストレスで薄毛になるのでしょうか?
答えは、可能性はあるということです。


ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経のバランスが崩れてくると
心臓が爆爆したり
腸の動きが以上に早くなってお腹が痛くなったり
本当に嫌な場面に出くわすと、体に異変が起こったりしますね。


更に、ストレスがかかると
交感神経がずっと働き緊張状態が続くことで血圧が上昇
血管を収縮させてしまい、頭皮への影響も出てくると言われています。


これが、ストレスによる薄毛の進行の仕組みです。


ただ、だからと言ってストレスがかからない状態になるために
現実から逃げるという選択も、また難しいものです。


ストレスを、できるだけ感じないようにするには・・・
ということでお話を進めていこうと思うのですが
ここでは、ちょっとしたコツが有ります。


ただ、それを簡単にマスターすることは出来ませんので
自分の生活に取り入れて続けていくことが必要です。
起こった出来事をプラスの方向で意識して受け取ることです。


会社で嫌な人がいたら、
あんな風にはならないようにと自分に教えてもらっていると受け取る
このように、悪いことでもプラスに考えて心に受け取ると
少しでも心が楽になります。


そして、もう一工夫ですが
そのプラスで受け取ったことを、声に出すこと
会社の嫌な人に、いつもありがとうございますと言ってみてください。
声に出すことで、本当にありがたいと思えるようになります。


最初のうちは、なかなか心からは思えないものです。
口先だけでもいいですので
声に出していると、徐々に気持ちもそちらに近づきます。


そうすることで少しでも
ストレス性の薄毛を回復方向へと持って行くことが出来ます。


もちろん、日常行う育毛対策も大切です。
病院で結果を出している育毛剤を使ってみたり
生活習慣を見なおしてみたりとやることはいっぱいあるでしょう。


自分の体質や心と相談しながら
自分に合った育毛対策を研究してみてください。
諦めずに続ければ、きっといい方向に向かっていくはずです。

Return to page top