ホーム

育毛剤で逆効果|ボリュームのない髪をフサフサにさせるには

せっかく高いお金を出してかったのに
育毛剤で逆効果となりました。


このようなお話は良く聞きます。
いくつかの原因がありますが
すべての人の原因がコレだとは言い切れませんので
該当しそうなところを注意して呼んで下さい。


まずは、育毛成分が自分の頭皮に合わない場合です。
育毛剤には、いろんな頭皮に良い成分や育毛に良い成分が含まれています。
そのどれかが、自分と合わないという場合ですね。


気になる場合には、一週間程度でいいので
育毛剤の使用を中止して
その育毛剤を、腕などの同じ部分に塗って
肌が荒れないかチェックしてみてくださ。


通常は、肌に良い成分が多いので問題無いと思うのですが
腕の肌が乾燥してしまったりという影響があるなら
その育毛剤は、中止したほうが良さそうです。


もう一つは、ミノキシジル製品に特に多いと言われる症状ですが
育毛剤を使い始めた事によって
一定期間ですが、髪が抜ける症状があるという初期脱毛ですね。


育毛剤により、頭皮のヘアサイクルが元に戻ろうとするためと言われますが
それが2ヶ月・3ヶ月続く場合には
一時中止した方がいいかもしれません。


人によるので一概には言えませんが
大体、初期脱毛は1ヶ月と言われています。


そして最後に、薬よりも薄毛進行が強い場合ですね。
育毛剤は、効果があるのですが
ご自身の薄毛の進行度合いというのが高い場合は、進行してしまいます。



血行促進作用の強い育毛剤を使っていても、このようになる場合があります。
育毛剤を買い換えるといいと思いますが
その時のポイントですが、同じ血行促進作用系の育毛剤ではなく
その他のアプローチで育毛を促進するものを選ぶこと


代表的な育毛剤は
病院で結果を出し続けている育毛剤なんて良いと思います。
知覚神経を刺激して、発毛力を高めるものになります。


もちろん、育毛剤以外の育毛対策も必要だと思います。
生活習慣の改善
食生活・喫煙・睡眠時間・適度な運動などなど
色々なところから見なおしてみてください。


そうすることで、ボリュームのない髪をフサフサにさせることが出来るでしょう。

髪を太くする育毛剤|何をやっても細いままの頭髪を元気にするには

育毛対策をしているのに・・・
高い育毛剤を使っているのに・・・
細くなった髪の毛は、なかなか太く成長してくれないことが多いですね。


⇒ 病院で結果を出し続ける育毛剤


これは、よくジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる
強力な男性ホルモンが原因だと言われています。
ですが、よく効くと言われるフィナステリド系のプロペシアやフィンペシアを使っても
治らないという人が多いですね。


それは、何故か?
今現在の医療では、ここまでしかわかっていないが
別に原因があるのだろうと推測ができます。


今までの育毛対策の経験からいって
それは、『毛根の再生』
コレしかありません。


毛根の再生と男性ホルモン対策の歯車が
ピタッと合った時に、育毛対策がうまくいきます。


毛根を再生して、発毛に以前のパワーを蘇らせるには
よく言われる対策として血行促進作用ですね。
血行促進することで、栄養が毛根部にも運ばれることによって
以前の働きを取り戻して、髪の毛が成長するという理屈です。


育毛剤を使っていて効果が出ないという場合には
もしかしたら、『血行促進作用』これに力をおいた商品を使っていませんか?
本来なら、この対策で間違いないと思うのですが
一定期間使っても、血行促進では効果が見られないという場合には
その他の対策をしてみる必要があります。


例えば、ある育毛専門外来のある病院で使われている育毛剤など


血行促進作用のある育毛剤を使っても
回復しなかったのに
他の血行促進作用の育毛剤を使うというのでは
解決する可能性が低くなると思います。


育毛剤を使って髪を太く成長させたいなら
違ったパターンで、あなたの体質に合った育毛剤を探す必要があると思います。

Return to page top