ホーム

産毛を太くするには?元気な髪の毛を昔みたいに生やすために

育毛剤だけでなく、色々な育毛方法を調べて取り入れて
育毛に励んでいることと思います。


しかし、多くの人が回復させられずに断念していますね。
諦めなければ、もちろん回復させられたという人もいるのに・・・
非常に残念だと思います。


⇒ 病院で結果を出し続ける育毛剤


昔のように元気な髪の毛を生やしたいと
誰でも思うのですが、それがなかなか上手くいかないんですよね。


このページを呼んでくださっているあなたなら共感していただけると思うのですが
産毛を太くするのって本当に難しいことです。


育毛剤を使い色々と食生活をはじめとする生活習慣も見直し
頑張っているのに、どうしても産毛止まりになりがちです。


そんな時の対策になります。


育毛対策の基本は、発毛する力を上げることと男性ホルモン対策です。
ただ、いくら頑張ってても、産毛までしか成長しない場合には
この2つの対策の歯車があっていないことが多いのです。


どれか一つだけでは
なかなか薄毛を回復させることが出来ないのは当然と言えます。


育毛剤なら
医療現場で結果を出し続けている物もあります。
もちろん、ミノキシジルのように刺激の強い成分は含まれていません。



今まで使っていた血行促進がメインの育毛剤を使っているのなら
こういった違った角度から
育毛剤を試しても良いかもしれませんね。


あとは、なかなか難しいですが
生活習慣の改善ですね。


特に仕事がある場合などは
なかなか改善させることが難しいですが
それでも、頑張ればできることもあると思います。


食生活を気にするのはもちろん
禁煙・睡眠時間など
様々な角度から検証して取り組むことで
細いまま育ってくれない産毛が育ってきたと報告があります。


産毛を太く成長させるには
一つだけの育毛対策に頼らず
色々な角度から育毛に取り組むことで確率がグッと上がります。

育毛剤の効果が現れる期間はどのくらい?

あなたは、育毛剤をどのくらいの期間使って効果がないと判断しますか?


これって人様々だのようです。
一般的に、というよりも添付文書では、まず半年は様子を見て下さい。
このように書かれていることが多いですね。


人によりますが
1ヶ月経っていない段階で『効果が現れません』
『抜け毛が減りません』
このように言われる場合も多くあります。


逆に、この育毛剤を一年以上使っているのに
効果が現れません。
このように言う人もいます。


私なりの最低限のラインというのを決めています。
薄毛の進行は、特にAGAであれば、ゆっくり進むと言われます。
しかし、進行が早いという人も、稀ですがいます。


3ヶ月過ぎた段階で現状維持


ここがまずは、ラインですね。
もちろん、『抜け毛が減ってきた』とか『産毛が生えてきた』
このように嬉しい事があれば、そのまま半年まで様子を見ます。


育毛で大切なのは、時間との駆け引きです。
薄毛の症状は進むけれども
自分が行う育毛法は、正しいかどうかわからない状況ですから
みんな不安があるのは事実です。


血行促進系の育毛剤を使って効果がなかったという場合には
病院で結果を出し続ける育毛剤と定評のある育毛剤を使うなど
いろいろな工夫をして
自分の体と相談しながら対策していかなくては、上手く行きません。


育毛剤の効果の出る期間だけでなく
その他の育毛対策にしても
色々なところから、情報を収集し
自分の体にあった対策をすることで
回復する可能性が上がります。


もちろん、これから長い期間の悩みですが
諦めない気持ちを持つこと
これも大切なことですね。

Return to page top