ホーム

仕事のストレスで薄毛が進行|これは良かったと思える育毛剤

仕事のストレスで薄毛が進行する人が最近増えましたね。
私の周りでも何名か、そういう人がいます。


もちろん、私もストレスに悩んでいるひとりとして
仕事によるストレスからの抜け毛対策について
お話したいと思いまう。


まず、本当にストレスで薄毛になるのか?
ココに焦点を当てたいと思います。


正直言えば、今の段階でストレスで薄毛になるということを
科学的に証明した人はいないだろうと思われます。
もしも、ストレスが薄毛の原因だったとしたら
うつ病になるまでストレスがかかった人は
薄毛率が高くなりそうですが、必ずしもそうではありません。


ですから、100%ストレスが原因であるということはないだろうと考えられます。
ただ、ストレスにより自律神経が乱れて
血行が悪くなることにより頭皮の栄養状態も悪くなると
髪の毛の栄養状態も悪くなる可能性は否定できません。


多くの場合は、生活習慣から来たり
男性ホルモンの状態からと考えるのが自然
それにプラスαとして、ストレスということになります。


薄毛の対策は、色々と方法が言われていますが
まとめると、2つのところに収束します。


一つは、髪の毛を生成している毛母細胞を活性化させて
髪の毛の生える力をアップさせてあげること


もう一つは、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)
これをできるだけ少ない状態に保つこと


この2つの対策が、薄毛対策の王道的なところでした。


そうです。
『とろこでした』と書いたということは
その他にも出てきています。


実は、育毛が以来をしている病院から生まれた育毛剤というものがあり
その育毛対策が、少し前から人気になり
効果もあると口コミで広がっています。


ストレス性の薄毛が進行すると思っていた場合には
ストレスを少なくする工夫もそうですし
髪の毛の生える力をアップさせてあげること
男性ホルモン対策など
多角的な育毛対策をすることが必要です。

育毛剤を使用して6ヶ月|産毛はホントに太く育つの?

育毛剤を頑張って6ヶ月使ってみたものの
産毛は、生えてくるものの一向に太くならない!
このまま使ってても本当に太くなるのかなぁ?


こんな風に思ってしまうものです。
私も3ヶ月くらいで産毛が生えてきて喜びながら
6ヶ月を迎えたのですが、なかなか成長しないで苦労しました。


でも、太く成長する人もいるんですよね。
もちろん、私達のように成長しない人もいる。
その差って、いったい何でしょう?


はっきりとした答えを返すことが出来ませんが
自分には、結果として合わなかったと
その他の育毛剤に、切り替えることがいいのかもしれません。


ほとんどの育毛剤は、血行促進にスポットが当てられ
更にプラスして男性ホルモン対策していますよね。
血行促進だけでは、自分は産毛までだと思って下さい。


ただ、それ以外の育毛剤ってほとんど探しても見つかりにくいですよね。
どの商品も、毛根まで届くように設計されていたり
独自の理論で、毛乳頭を活性化させたりと似たようなものばかりです。


そんな時に見つけた育毛剤が
ある育毛を専門に扱う病院から生まれた育毛剤です。


もちろん、産毛も育ちますが
6ヶ月後には、しっかりとしたコシのある髪が生えてきたと
口コミでも多く見られます。


このように育毛剤のそもそもの効能を変更してみるというのもありだと思います。
自分に合った育毛対策を見つけ
それを継続することで、思ってもいない効果が現れることもあります。


なかなか難しいと言われることが多く
成功しない人も相当数いる、この薄毛という悩みですが
諦めずに、しっかりと対策していくことで
回復させることも可能となります。

Return to page top