ホーム

効果のある育毛剤|ミノキシジル製品が使えなくなった人へ

効果のある育毛剤と言われるミノキシジルですが
副作用がキツく、続けることが出来ないという人が大勢います。


特に多い副作用が、頭皮の炎症
炎症まで行かなくても、かゆみが出たり、ヒリヒリしたり
このような症状が出る場合には
使い続けるのは、難しくなります。


そのまま使い続けることで
炎症がひどくなり、回復可能な薄毛であっても
それができなくなることもあります。


ミノキシジルに拘らずに、他の育毛剤を使ってみることです。


育毛剤にも色々あり
医療現場で実際に使われていて
成果を出し続けている育毛剤もあります。


通常の育毛剤は、血行促進効果がメインで研究されていますが
この育毛剤は、知覚神経を刺激することで
毛根部の発毛力を上げる効果


効果のある育毛剤をと考えているのであれば
このように、しっかりと実績を持って販売されている育毛剤を使うことが必須となります。


そして、更に食生活の見直しで男性ホルモン対策をすることで
実際に、回復させられたという人も結構います。


育毛剤は、外から毛根部に働きかけ
食生活で男性ホルモン対策
これが、育毛対策では最強でしょう。


ミノキシジルが使えないから
もう育毛対策できないと諦めてしまう人も多いのですが
ここで、もうひと踏ん張り頑張っていると
きっと、いい結果がついてきます。

頭頂部の薄毛が治らない|育毛剤ってホントに効果あるの?

シャンプー・洗髪の方法・育毛剤・頭皮マッサージなど
色々と育毛対策として紹介されていますが
何をしても、治らない頭頂部の薄毛


巷のうわさ話では、生え際の薄毛のほうが改善しにくく
頭頂部は、治りやすいというのですが
それでも、四苦八苦


もう頭頂部の薄毛は、治らないのですか?


このような質問を多く受けますが
100%とは言いませんが
それでも、治る可能性は低くはないということです。


多くの育毛剤が血行促進効果をメインで販売されていますが
ある医師が、発見した効果は血行促進ではなく
知覚神経を刺激することで、発毛する力を上げてあげるというもの


そうすることで、かなりの育毛効果が見込め
実際にその病院で育毛剤として使っていくと
多くの人が実感できたものに仕上がっています。


市販の育毛剤を使っている人の多くは
やはり血行促進効果をメインにした育毛剤を使っています。
同じような効果の育毛剤が並び
それに迷って商品を決めています。


ちょっと違う角度から
育毛対策を試してみるという考えも必要ですよね。



●内側からのアプローチ
シャンプーを変えたり、洗い方や頭皮マッサージや育毛剤というのは
外側からの育毛対策になります。


内側、つまり体内からの育毛対策というのも
頭頂部の薄毛には効果的です。


男性ホルモンの影響を受けやすいという薄毛の進行に対し
体内からと外からと双方向から対策することで
治りにくいと思っていたものでも、改善する可能性が高くなります。


男性ホルモン対策になると言われる栄養は
大豆イソフラボン
亜鉛
ノコギリヤシ等


意識して、もちろん毎日摂取するように気をつけた方がいい栄養です。


なかなか治らない薄毛には
こちらも色々な角度から検証して行くことが必要不可欠です。

Return to page top